三協薬品TOPページ > 製品案内 > 土木建築用接着剤 > 一液硬化型ウレタンバインダー KR-1850
一液硬化型ウレタンバインダー KR-1850
特徴
〇SBRチップ(リサイクルゴム)、EPDMチップによる弾性舗装用のバインダー。

標準施工内容
仕様・適用 標準施工内容

【仕様】
t=約10mm以上

【適用】
○屋内外の人の通行
○衝撃吸収(弾性)
○透水性

施工内容


代表性状
項目 性状
外観 淡黄色透明液状
不揮発分 99 %以上
粘度(25℃) 4,300mPa・s
比重(25℃) 1.07
ポットライフ 25℃・50%RH 約60分
初期硬化 25℃ 17時間以上


代表物性値
○試験片;SBRゴムチップ40部:KR−1850バインダー9部
室温養生1週間

項目 物性値
引張り強さ 1.2N/mm2
引張り伸び率 70%
耐水性(25℃水中浸漬×7日間) 異常なし


低温時の硬化促進
○気温10℃以下での施工において翌日硬化させる為には硬化促進剤の添加が必要です。 また、5℃以下での施工は避けて下さい。

材料名 気 温
10℃以下 25℃
ゴムチップ 40kg 40kg
KR−1850バインダー 9kg 9kg
促進剤BR-3.5 10℃:270g
 5℃:450g

0
*促進剤添加及び添加量の判断は、気温、部材及び施工面(路面)の温度を総合して考慮の上決めて下さい。


施工上の注意
本ページに記載されたデーターは、評価試験の結果です。物性値及び評価など保証値ではありません。
従いまして、実際の施工時は下記の点に注意し、施工を行って下さい。
・施工する下地が透水性を持っていない場合は、水溜りが出来る場合があります。
・水没する場所への施工は避けて下さい。
・ゴムチップは乾燥したものを使用して下さい。
・下地は充分に乾燥させて下さい。ゴムチップ及び下地に水分があるとバインダーの発泡の原因にな ります。
・施工後の養生は充分に行って下さい。
・降雨、降雪及び5℃以下での施工・養生は避けて下さい。
・バインダー取り扱い上の注意の詳細は「製品安全データシート」を参照して下さい。




会社概要アクセスマップ採用情報サイトマップこのサイトについて個人情報保護についてお問い合わせ
Copyright(C) 三協薬品株式会社